カード番号の16桁って重複しないの?

2012年09月18日(火)

カード番号の16桁

ふとした時にこういった不安っておきませんか?
編集部でもたまに気になって調べずに終わることが
多かったので、大丈夫だろうと思いながらも
きっと同じ不安をお持ちの方がいるのではないか?
と思いましたので少し調べてみました。

クレジットカード番号の16桁のパターン

まず数字のパターンを計算してみました
計算といっても
0~9の数字が16ケタですので
パターンを計算すると10の16乗で
発行できるパターンが計算できますね。

単位でいうと1京(ケイ)だからこの時点でおそらく重複なんてしないでしょ!という既に結論がでたように思えますね。

世界で使われているクレジットカードの総発行枚数

ですが念のため今既に発行されているクレジットカードの枚数を調べました。 世界で使われているクレジットカードの総発行枚数は正確な数値が調べられませんでしたが諸々の資料を拝見したところおそらく約30億枚程度(いやもっと多いかもしれません)が目安としてはこのくらいかとおもいます。
※もし正確な資料、数値等ご存じの方がいる場合ご連絡頂けると嬉しいです。

一目瞭然ですね。勝手な計算にはなってしまいますが、
9999兆9970億枚ほどの空きがあるということになります。
これだけのパターンが残っていますので
お手持ちのクレジットカードで数字が他の人とかぶることは
まずあり得ないかもしれません。。

まとめ

クレジットカード会社の管理であればまず番号の重複などはありえないですね。
このような計算をしなくても、重複しないというのは当然といえば当然なのですが、16ケタで天文学的な1京という数字が導き出されたことに編集部では驚きました。
そのあたりも計算された16ケタなのかもしれませんね。
雑記的なコラムになりましたが以上になります。

検討中リスト

検討中リストはありません

検討中リストを閉じる