クレジットカードの限度額は要チェック!

2012年08月31日(金)

大規模の会社さんであれば問題はないと思いますが 中小零細企業の経営者の方、個人事業主の方で ビジネス用のクレジットカードは必需品となりました。
メリットとしては経費の一元管理、ETCカード等がありますが 今回は見落としがちな「限度額」についてご紹介します。

限度額はその月に使う額ではない

クレジットカードでの支払い設定をしているものっていくつありますか?
電話代金?接待等の交際費?広告料金?etc
当サイトを運営している母体もほぼクレジットカードでの支払いにしています。
例えば限度額80万円の場合、毎月必ず支払する額が 10万円程度、広告費が10万円だったとします。 そして例えば締め日が15日で支払いが10日だとします。
この場合 ずーと支払いが20万円であれば、問題なく限度額を超えず 支払がスムーズに進むことでしょう。
しかし、ビジネスにおいて広告費というものは流動費とも言われているくらいですから 調子が良くなってきたときに、よし、今だ!!どんどん投資していくぞ! という時があると思います。 そんな時にです。80万円のはずが、途中で 「このクレジットカードは現在利用できない状態になっています」 といったメッセージが流れることがあるえるのです。 言葉ですと難しいので以下図をご覧下さい。

限度額解説図

そう限度額とはこういうことなのです。 支払日に入金した分だけ枠が空くということになりますね。

これ見落としがちだと思います。

<利用停止になった時に考えられるデメリット>
1、接待後支払ができなくなってしまい赤っ恥をかく
2、支払の引き落としができない。
3、今だ!どんどん投資だという時にクレジットカード決済ができない。

その時々のタイミングでビジネスはスピードが必要になってきますので細かい事故で機会損失を生んではいけないものではないでしょうか。
ビジネスカードはやはりそう考えると、 限度額がなるべく高いものがお勧めです。
もちろん当サイトではビジネスカードのページをご用意していますので こちらから探してみましょう。
2枚もつことも悪くはないと思いますし、先ほどお伝えしたとおり 限度額高めのゴールド以上のものや個別に設定してくれるものなどがおすすめです。

まとめ

今回のコラムはクレジットカードで支払をしている場合のお話ですが 皆様はどうでしょうか。当サイトの運営会社や知り合いの会社さんは クレカでの支払いが非常に多いです。 特ににネットの広告費などの決済は銀行振込みなんて面倒でやってられませんね(笑) 勿論クレジットカードは限度額だけがすべてではありませんが少しでも参考になりましたら 嬉しいです。

検討中リスト

検討中リストはありません

検討中リストを閉じる