クレジットカード7つのやってはいけない

2012年08月20日(月)

クレジットカードを持つということは、以前書いた犯罪を未然に防止-スキミングについてなどでもお伝えしたとおり、クレカには危険も隣り合わせです。
今回は、忘れがちな注意しなければいけないこと、やってはいけないことを初心者の方やこれから始めてクレジットカードを作る方に 向けて7つのやってはいけないこととしてまとめてみました。

1,お申し込み書に嘘をかいたりする

共通して、お申し込み時に収入や現在借り入れがあるなどうかなど 記入する欄などがありますがこれらに嘘のことを書いてはいけません
基本的にクレジットカード会社が発行する為にほしい情報ですので すべて審査の対象になっているものですので虚偽があると審査に とおらないこともあるかと思います。
極端なことを1ついうとまずないと思いますが勤務先の嘘をついて あなたが勤務先に努めていることが確認できなかったらおそらくそれだけで 審査はとおらないでしょう。

2,ネットではなく書面のお申し込みで文字が汚すぎる

インターネットの場合はPCで文字を打ち込みますので 汚いとかはないですが、
書面で文字を書く場合は当然かもしれませんが 出来るだけキレイで分かりやすいように書いてください。 審査をするクレジットカード会社の方も人間です。 逆の立場になって、ぐちゃぐちゃの汚いお申込み内容を審査してみると 考えると私だったら一瞬それだけで審査おとしたいなーと思ってしまうと 思います。(あ、これは管理人の勝手な想像です) 主観で審査を落とすということはまずないと思いますが、字が汚いと 読み間違えですとか、正しい情報が伝わらないということはあり得ますので 当たり前ですがきれいな字で書きましょう。

3,カード裏面にサインしない。

クレカの裏面に名前を書くのがなんだかダサいなーなどの 理由でサインをしないなんて駄目です! これは重要です。 サインがない為に不正使用されてしまった時など保障がされない などもありますので絶対に受け取ったらサインをしましょう。

4,クレジットカードの明細そのまま捨てる

クレカの明細は色々と個人情報がのっていますので 明細と他の情報を一致させられて悪用されてしまうということも あるかと思います。
できる限りハサミで個人情報の部分を切るなどして 捨てましょう。 または、最近では明細をWEB上で確認できるようにし、紙の書類自体を なくすという取り組みが増えてきています。 エコにもいいですので新規でクレジットカードを作ろうとしている場合は そうされることをお勧めします。

5,リボ払いをしすぎる

リボ払い自体が悪いというわけではありませんが、 何事もやりすぎはよくありません。

6,クレジットカード現金化

これは絶対にやってはいけません! 法の穴をすりぬけた犯罪のようなものですから 駄目です。現金化に要注意でも詳しく解説していますので どうしていけないのか?と思う方は合わせてどうぞ。

7,カード情報をHPやブログに掲載してしまう

まずやる方はいらっしゃらないかとは思いますが、 カード情報をHPなどに掲載したり、写真にとったものを 加工し忘れて掲載してしまったりというのは絶対にやっては いけません。

いかがでしょうか。今回は7つご紹介しました。 あたりまえだろー!と思われる方も多かったのではないかと思いますが 意外と見落としがちになってしまうことは多いと思いますので あえてのご紹介となりました。

このコラムを読んだ方は ↓↓↓↓も見ています。

検討中リスト

検討中リストはありません

検討中リストを閉じる