公共料金でクレジットカード払いって一体何がお得なの?

2012年09月07日(金)

当サイトにも公共料金をポイントに変えるという専用のカテゴリを用意しているとおり公共料金をクレジットカード払いにするとお得ですよという理由をご紹介したいと思います。

まず公共料金というと幅が広いので今回はちょっと絞り込んで日々のライフラインともいわれている 「電気」「水道」「ガス」に関してご紹介します。

電気代・水道代・ガス代

その前に公共料金を支払う方法を考えてみましょう。
皆さんはどのような方法でお支払いしていますか?

  • 口座振替?
  • コンビニ払い?

おそらくこの2つが多いのではないでしょうか。
それをクレジットカードにかえちゃおうよ!というご提案になるわけですはい。

ポイント貯めるのめんどくさいよ!という方にもおすすめ

クレジットカードのポイントを貯める為のをいつも意識しているのってめんどくさいという方もいらっしゃると思いますが、公共料金の支払いをクレジットカードにすることに関してはそういった方にもおすすめです。

いうまでもないかも知れませんが、一度支払を設定してしまえばほぼ絶対に支払わなければいけない毎月かかる支払いがポイントに変わるのですから。

そのほかにも「電話料金」「インターネットのプロバイダ料金」「新聞購読料」「家賃」など、一部、クレジットカードの支払の取り扱いがない場合もあったりはするのですが、毎月の支払を公共料金や家賃(※1)などこれ年間でいくらくらい使ってますでしょうか?

1ヶ月の公共料金等の例と想定獲得ポイント

※1)家賃の支払いも不動産会社によってできない場合もあります。

指定のショッピングサイト等で1ポイント1円相当として使えるクレジットカードで考えると公共料金等などをクレジットカードで支払いしていないということは22800円分損しているといっても言い過ぎではないのです。

だいぶ説明が回りくどくなってしまいましたが、 公共料金をクレジットカードで支払うのはお得だと思いませんか?

編集部のおすすめとしては今あるクレジットカード でポイントを貯めるのもいいのですが公共料金利用の為に 専用の2枚目としてカードを作っても良いですよ!とご提案をしています。 理由としては基本のポイント還元率が高い方がお得な為です。

さっそく作りたいよ!という方は公共料金をポイントに変えるなどをご参考にして頂ければとおもいます。

まとめ

今、毎月かかっている料金がポイントに変わるのでお得!
注意事項としては契約している所(公共料金の営業所など)によってはクレジットカード払いができない場合もありますが、できるところはクレジット払いにして無理なくお得にが良いかと思います。

このコラムを読んだ方は ↓↓↓↓も見ています。

検討中リスト

検討中リストはありません

検討中リストを閉じる